玉子サミン?卵サミン?タマゴサミンです

タマゴサミンを玉子サミンや卵サミンという方がいますが、実際はタマゴサミンというカタカナです。
このネーミングは本当によく考えられたネーミングで、その名前からもこのタマゴサミンが何を目指しているのかうかがい知ることができます。
もともとタマゴサミンはアイハを主成分とした、元気生活応援サプリ。
年齢が高くなって動きにくい人にも元気に動けるようにというアイハを配合しています。
アイハは鳥の卵から抽出した成分ですが、世の中はまだまだグルコサミンやコンドロイチンが有名で一般的ですね。
そこで、タマゴ×グルコサミン=タマゴサミンと言う事になっているんですね。
おもしろいですね。
タマゴサミンという言葉が新しい言葉で、かつ、みんなに馴染みのタマゴという言葉がやけに親近感を感じさせます。
逆にタマゴという聞きなれた言葉より、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸などの化学的用語の方が、いかにも薬品名っぽくて
効果があるのではないかと錯覚してしまうんですが、タマゴサミンに含有されている独自の成分「アイハ(IHA)」がれこそかなりの先端的な成分であることは間違いないです。
タマゴサミンにはアイハだけでなく、皆さん大好きなグルコサミンも入っています。
このタマゴサミンに入っているグルコサミンが」また普通のグルコサミンではありません。

Nアセチルグルコサミンに注目!

タマゴサミンが採用しているのは、Nアセチルグルコサミンという、新しいグルコサミンです。
ここでもしれ~っと最先端な成分を使っているタマゴサミンはなにげに凄いです。
開発者のこだわりが感じられます。
最近増えては来ていますが、まだまだ従来のグルコサミンサプリが主流です。
この「Nアセチルグルコサミン」というネーミングで売っている商品もあるぐらいです。
Nアセチルグルコサミンは通常のグルコサミンと違い体で吸収できる形に変化しているグルコサミンです。
グルコサミン→Nアセチルグルコサミンへ体内で変化しているのです。
はじめからNアセチルグルコサミンの形で摂取するので、吸収力が3倍と言われています。
これは決定的な違いですね。
同じサプリメント1錠でもしっかりグルコサミンを飲んだ事と同じになりますね。

濃縮コンドロイチンも含有

普通のコンドロイチンとは違い、濃縮コンドロイチンを配合
更に、Ⅱ型コラーゲンで至れり尽くせり
こうやって見ていくとタマゴサミンに含まれる成分はそのかわいらしい丸い感じの雰囲気のネーミングとは違い
ふんわりしたイメージに隠された実はかなり積極的で最新にこだわった、とんがった商品とも言えます。
羊の皮を被ったタマゴサミンと言えますね。

玉子サミン

玉子サミン
<% module(テキストリンク) %>

コメント