グルコサミンとタマゴサミンどっちがいい?

タマゴサミンは膝や関節の軟骨成分にいいということですが、以前から関節痛に人気のグルコサミンは
沢山の種類のサプリメントが販売されていますね。
タマゴサミンはグルコサミンと比べてどうなんでしょうか?

グルコサミンの量の違い

タマゴサミンで十分なグルコサミンを摂取できる!

グルコサミンかタマゴサミンかと考えるならタマゴサミンでいいと思います。
タマゴサミンに十分なグルコサミンが入っています。

含有成分の違い

タマゴサミンにもコンドロイチンは含まれています

タマゴサミンにはコンドロイチンが含まれていますが、タマゴサミンの場合は
濃縮コンドロイチンという一般のものよりさらに濃縮したタイプで85mg
通常のコンドロイチン300mgに相当する量を含んでいます。
更に大切なⅡ型コラーゲンも配合し関節をサポートしていきます。

まとめ

タマゴサミンは画期的成分アイハを含有しています

グルコサミン、コンドロイチンサプリメントと悩んでいるならタマゴサミンでも十分な量のグルコサミン、コンドロイチンが含まれています。
更にアイハの軟骨成分が加わるので、ほかのグルコサミンサプリとは一線を画す位置づけになっていますね。
タマゴサミンを今だけ初回半額で購入はこちら

コメント