グルコサミン・コンドロイチン・プロテオグリカンどっちがいい?

タマゴサミンは膝や関節の軟骨成分にいいということですが、以前から関節痛に人気のグルコサミンは
沢山の種類のサプリメントが販売されていますね。
タマゴサミンはグルコサミンと比べてどうなんでしょうか?

グルコサミンの量の違い

<% metaKeywords %>

グルコサミンだけをメインにしたサプリメントは、種類も多く競争状態です。
それゆえ基本的にグルコサミンの含有量で勝負しているのがひとつ
付随する含有成分のを多くしているものなどがあります。
量については
グルコサミン1000mg以上のものが多く、確認できたものでは1,800mgのものが最多でした。
<% metaKeywords %>
タマゴサミンはNアセチルグルコサミンを400mg配合しています。
Nアセチルグルコサミンとは通常のグルコサミンよりも3倍も多く吸収される成分で、普通のグルコサミンと量で比較した場合
ほぼ3分の1でも同量と考えても問題はないかと思われます。(若干違う成分なので単純に掛け算では算出できないので注意)
商品ページにも「普通のグルコサミンの3倍の量に相当」すると明記してありますね。

タマゴサミンで十分なグルコサミンを摂取できる!

グルコサミンかタマゴサミンかと考えるならタマゴサミンでいいと思います。
タマゴサミンに十分なグルコサミンが入っています。

含有成分の違い

<% metaKeywords %>
グルコサミンと一緒に配合されていることが多いのはほとんどがコンドロイチンです。
コンドロイチンとは端的に言うと、関節部分の水分を保持する役割があり、グルコサミンを原料として作られます。
そのため、コンドロイチンを直接サプリメントに含有しグルコサミンとの相乗効果を狙うということです。

タマゴサミンにもコンドロイチンは含まれています

タマゴサミンにはコンドロイチンが含まれていますが、タマゴサミンの場合は
濃縮コンドロイチンという一般のものよりさらに濃縮したタイプで85mg
通常のコンドロイチン300mgに相当する量を含んでいます。
更に大切なⅡ型コラーゲンも配合し関節をサポートしていきます。

<% metaKeywords %>

まとめ

タマゴサミンは画期的成分アイハを含有しています

グルコサミン、コンドロイチンサプリメントと悩んでいるならタマゴサミンでも十分な量のグルコサミン、コンドロイチンが含まれています。
更にアイハの軟骨成分が加わるので、ほかのグルコサミンサプリとは一線を画す位置づけになっていますね。
タマゴサミンを今だけ初回半額で購入はこちら

コメント